<   2006年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

一撃

雨が続く東京競馬場。土日ははじめからダービー以外は眼中にナシ、完全集中モードに入った。レース前善臣が
「~~ジョッキーと呼ばれるのはダービーだけ。皐月ジョッキーやJCジョッキーとは呼ばれない。勝ちたい。」この言葉で善臣の本気度、馬の仕上がり、厩舎のモチベーションを強く感じずにはいられなかった。前段階で勝負になると判断したのはジャリスコ、ジャンク、ドリーム、メイン、ムーン、そしてサムソン。この6頭の中からダービー馬は生まれるとみていた。
正直ジャリスコ・・・ここを推したかった。皐月の敗戦は厩舎折り込み済み、勝負はダービーと感じていた。しかしこの馬が仕上がっているとすれば非常に疑わしい単オッズ。見切るとは言いがたいが主役になるのは先か、ここまでの思考にほぼ予想時間のすべてを使ったといっていい。
馬主筋から「ジャリスコは調整不足」とのことを前日に頂いたがそれでもまだそこから1日かかった。
ジャリスコを軸にすえないとしたら、第二の馬はドリーム、メイン。ジャンクは異例の移動策がどうにもピンとこない、ムーンには正直距離に不安があるとリプレイ、騎手コメントから判断できた。ムーンももし適正があるのであればあの単オッズにはならない。ジャンクの前売り1人気は多分釣りだと思う。
ドリーム、メインの取捨ポイントは馬場。良に近づくほどメイン有利は明白。当日の天気は10時まで雨、も以降はきつい日差しになる。そして前述の善臣の言葉。能力。
ここまで思考が仕上がったところでドリームに巨額の介入を発見・・・多少揺れたが相手まで。
もともとサムソンは先日のエントリどうりの評価だったので中心は2、6。騎手学校同期だとは後で知った。相手には4、10、14、15、17だったが気配の見えないシェンクは外しトップクラス評価のロジックを入れた。(配信はシェンク)

4角でまだ善臣は持ったまま、直後に馬なりのサムソン。まだまだ直線は長いのだがそこからは後ろを全く問題にしない二頭、「最後の10完歩」のシーンのような至福の28秒を過ごさせてもらった。
レース後のざわめきの中、先達から「アンタが1人気を推すとろくな事が無いんだがな」とひやかしを頂く。「1人気好きなんですよ、実は」と冗談で返す。
まずはビール、と思ったがターキーの12年を選んだ。まろやかではないがトゲも無い。一息に飲み干すとT氏から「安田記念で動く馬主筋がいるようだ」との連絡。早い。今日ドリームに介入した奴らは1000万強抜いている、そいつらかな。ともあれ”五月晴れ”は叶った。来週は安田記念だ。
[PR]
by taku-ma3 | 2006-05-30 14:56 | レースの見方

ダービー

1スーパーホーネット
朝日杯でリシャールに肉薄した馬だがここは脇役にならざるを得ないか。騎手川田もダービーには?がつく。
2メイショウサムソン
ほぼパーフェクトな成績、枠も良し。好位差しの王道競馬。後は運だけかと思うがどうか。
3ロジック
能力は当歳トップクラス評価も前走勝たれてしまったからなあ・・・取捨微妙。
4マルカシェンク
けちがついたのは前走のみ。しかしこの馬がダービーを制するかといわれればそうは思い難い。能力は認めるが3連勝、休み明け凡走、ダービー勝ちなんてちょっと虫が良すぎないか。
5トーホウアラン
不可解な負け方をしたスプリングSだが前走で能力の高さを見せた。藤田は「最高の乗り味」と
絶賛している。
6アドマイヤメイン
重賞連勝と勢いは充分、勝ちっぷりもよく注。ただし勝っててきたメンバーは多少落ちるか。
7フサイチリシャール
スピードの持続力が持ち味なだけに距離的に限界か。絶対能力では全く見劣りはしないのだがかなり大胆な事をしないと勝つまではないだろう。
8パッシングマーク
山桜賞のレベルは高かった(リプ馬3/12)、というのは結果が表しているがさすがに手が出ない。
9サクラメガワンダー
圧倒的な切れ味も弥生、皐月は不発。東京、中山と勝ちまくっている内田騎手だがどうだろう。
10アドマイヤムーン
差し届かずの前走だがこの馬は東京は合う、1人気濃厚も他馬との能力差はさほど感じないが。豊は騎乗馬が3、6、10、17、18、(8)。悩んだかそうでないか、分からないが選んだのは10。
11ヴィクトリーラン
プリンシバルのレベルが低いとは言い切れないが脚質も掴み難く評価のし所が見当たらない。
12アペティリフ
中長距離メインに使ってきたローテには好感が持てるがそれ以上に強調できる点は無い。
13トップオブツヨシ
相手なりのレースをする馬だが・・・印象は薄い。東京は合いそう。
14ジャリスコライト
いちょうSの勝ちっぷりがいまだに強烈に焼きついている。皐月不発は計算ずくだったのではと思っているがどうだろう。藤沢はダービー未勝利もトライは4回、内ロブロイ、クリスエスで2着。この馬には藤沢調教師も相当の思い入れがあろうと思われる。前走からの横山も好感。ブロンズコレクターが久々の”一本指”を見せられるか。
15ドリームパスポート
タナボタ的にいい馬が回ってきた四位、頑張って欲しい。こういう能力、評価のあいまいな馬は四位騎手のイメージにぴったり。
16ナイアガラ
皐月の後にダートを使うという異例中の異例なローテーション。どうみてもダートのほうがいい。
17フサイチジャンク
皐月は思い切り大胆騎乗、で正解というか能力の高さを印象付けた。かったるい脚が多かったが切れも兼ね備えている。ただこの馬が勝ってジャンクスポーツがやたら盛り上がるのはあまり見たくない。
18エイシンテンリュー
リプ馬もここでは家賃が高い。蛯名も減点材料。
[PR]
by taku-ma3 | 2006-05-26 14:51 | レース見解

Back to Basic

味な真似してくれるじゃねえか祐一!というかカワカミプリンセスとアサヒライジングを秤にかけた時点で駄目か。おまけに横山は競争中止・・・と日曜の出馬予定を見てみると最終に「目黒記念」が。JRAも味な真似をするじゃないか!
[PR]
by taku-ma3 | 2006-05-24 13:22 | レース見解

今日の東京競馬場は快晴から突然のどしゃ降り。配信は見送りとしたが遊びで東京メイン、カリスマサンキセキから行ってみたところ粘って三着確保。これはいい配当だろうと思ったがまさかの3000円台…仕方ない。それより東京8レース、ホッカイショコラ、覚えている方もいると思うが二着マイネと共に仕込み馬、気が付くのが遅かった。中京でタニノマティーニが差して二着するなどちらほら濃いメンバーが顔を出し始めてきた。もう雨は上がっている、明日はいい馬場になりそうだ。
[PR]
by taku-ma3 | 2006-05-20 23:02

オークス

1ブルーメンブラッド
いい枠を貰った・・・。戦ってきた相手で有力はキストゥヘブンだけだが前2走でフロックでないことは証明できているようだ。
2フサイチパンドラ
福永に乗り代わりは好印象も桜花賞の負けすぎはいただけない、軽視。
3アクロスザへイブン
この馬は侮らないほうがいい、フォームなどから通用する下地は充分。
4ヤマニンファビュル
静観妥当。
5ニシノフジムスメ
ブログで書いたかは忘れたが西山氏は今あまりよい状態とはいえないようだ。前走もかなり強引なレース振り、乗る気にはなれない。
6コイウタ
今年の牝馬はレベルが低い、と評判だがそうともいえないと思っている。距離に不安云々言われそうだが全馬共通。少なくとも桜花賞1~3着はそのまま評価したい。
7ユメノオーラ
桜花賞は見所なし、ピークはフィリーズレビューで上がり目は無さそう。リプ馬なので興味はあるが馬券にはならないだろう。
8シークレットコード
仕込み馬、外国人騎手、森、社台・・・とツッコミどころ満載。常識的には買えない所だが単オッズ次第では一考。
9カワカミプリンセス
東京競馬場でこの馬を見たときの感想は一言、”強い”。この馬は狙えると思う。すべてが地味だがローテもオークス狙いは明白で上位にくるだろう。
10アサヒライジング
桜花賞は頑張ったが・・・善戦どまりとみる。
11テイエムプリキュア
桜花賞が滅茶苦茶なレース。持っている運は使い果たしたか。熊沢が強気のコメントを出せば出すほど興味が薄れる。
12キープユアスマイル
いくらレベルが低いからといってこのあたりに上位にこられるようではGⅠの価値は無い。
13アドマイヤキッス
豊はいつもいい馬を選ぶ・・・上位。ここ2走極端に後ろからだがこれは豊君の性格上しかたが無い。桜花賞上位の中では1番距離に対応できそう。豊君ビクトリアマイルも能力は出し切ったがここも騎手込みで期待したい。
14ブロンコーネ
穴人気が予想される別路線組筆頭。代打藤田で出走権獲得は見事としかいいようがない。上位期待できる一頭。
15シェルズレイ
堅実なのだがあまり印象が無い。ただ桜花賞は明らかに強引で岩田のミスだろうと思う。上位は可能だが中心視はしづらい。
16マイネジャーダ
四位君はもう少しいい馬あてがわれないのだろうか・・・干され気味の四位君の出番はまだまだ先か。
17キストゥヘブン
相変わらず変換できないのはご勘弁を。
この馬は覚醒したな。二冠も充分。安藤がそのまま野生を出せば。
18ヤマトオリオン
菊沢曰く”この馬は強い、勝てると思っていた。このメンバーならもう一度やっても勝てる。”と興奮気味だがどうも前走は”ここ一発”の雰囲気が漂う。厩舎サイドは目一杯前走で仕上げたと馬主筋。おつりがあるのか・・・
[PR]
by taku-ma3 | 2006-05-18 18:42 | レースの見方

冷や汗

ものの三着だがディアデラがなんとか。
上位五頭に決めていたが直前にI氏とラインは競られたらキツイはず、しかし差しの13、10、18の3頭では決まるまい、ならば1、13、2頭軸の3連単マルチが正解かなどと言っていたが結局13軸の3連複が勝負馬券。
レース後の北村の非常にぎこちないガッツポーズにどっと力が抜けた。

東京最終 4スプリングボードは確実に仕上がっていたが福永はメインを引きずったか3馬身分出遅れの追走、悶絶の4着。次を逃したら夏まで無理。
[PR]
by taku-ma3 | 2006-05-16 11:54 | レース見解

ライン、エアにフケの兆候が出ている模様、当日の馬体重注意。 と馬主筋から。ガセでなければシュクルに主役指名したい所。
[PR]
by taku-ma3 | 2006-05-12 19:09

色々

第一回ビクトリアマイルの枠順が発表されたので感想を。
1ダンスインザムード 
北村?と言うのが正直な感想、天才少女の印象も数々の敗戦で若干薄れたが今回はどういう役割を果たすか。実は桜花賞以来勝ち星は無い。前走メイチ気配も少々気になる。
2マイネサマンサ
割合はっきりとした仕込をする馬。鉄砲でもあり今回は勝負気配は少ない。
3ジェダイト
最近ぱっとしないが能力的には注視すべき、しかし近走の川崎は正直意図していなかったローテで、それ以後2レースも目に付かなかった。
4スナークスズラン
ここ三走好走も出し切った印象。軽視妥当か。
5コスモマーベラス
能力は高いが距離が足りないか、しかし東京ならとも思うがイメージは中山、ローカル。前走1人気も・・・
6ラインクラフト
人気も能力もこの馬が1番だろう、この馬のいいところ(この馬に対しての厩舎の)は秋華賞、
ローズステークス以外適正距離しか使っていないところ。ローテもしっかり、心配は特に無い。
あえて言えば福永。東京は最適とは言いがたい。杞憂か。
7アグネスラズベリ
エアジハードと言えばグラスワンダーに真っ向勝負で勝った数少ない馬。ユタカオーの血は東京でこそという気もする。連勝中というのも魅力。
8オーゴンサンデー
後藤が不気味といえば不気味だが出れるから出た、というのが本音だろう。
9レクレドール
能力は勿論高いのだろうが主戦騎手のはっきりしない馬はあまりG1で推す気になれない。しかも下り目の蛯名・・・人気次第では買うが。
10ヤマニンシュクル
前走で二年半ぶりの勝利を飾ったがこの馬凡走をしたのは3走前鳴尾記念(小牧)のみ。希望で言えばこの馬に勝ってほしい。上位は混戦と見ているが”追えば必ず伸びてくる”のはこの馬か。
11ロフティーエイム
リプ馬(2走前)、もさすがに家賃が高いかという印象。東京1600安藤二ノ宮と揃ったがどうか。迷う一頭。
12ショウナンパントル
前走狙ったが終わったかな。期待していた馬だけに、成長力の無さが残念。
13ディアデラノビア
距離的に万能タイプなんだろうがもうワンパンチが無いとGⅠには手が届かないだろう。それだけに2走前からの岩田にスイッチは期待充分。岩田は豊君より勝負勘は強いと感じる。
14チアフルスマイル
隣と共に乗り代わりが気になる。8、14、15の騎手の序列には多少の訳ありを感じる。がこの手の仕込みは失敗する、と見ている。
15デアリングハート
ダンスと共に社台馬主。この辺か、絡みは。勝ちたいだろうなあ社台。
16ヤマニンアラバスタ
能力は認める。かなり認める。ただ騎手が・・・冗談はさておき中山紫苑ステークスの降着で運を逃がしたか、それ以来府中で勝ちはしたが直線平坦の印象がついてしまった。イメージ的には坂を登って脚色が同じになる、か。
17アズマサンダース
期待の星藤岡に重賞初勝利をもたらした馬だがGⅠまでプレゼントできる器ではない。
藤岡もまだまだ道中のちょっとしたトラブルに対応できてはいない。オリンピック精神とみる。
経験を積もう藤岡。
18エアメサイア
豊君はこの馬好きなんだろうなあと思う。能力は間違いなく上位。伊藤、牝馬、社台、豊というだけで脅威を感じる。前走は”まずラインには勝てない”とコメントしていたことからここは明らかにメイチ仕上げ。1600でもうまくいくか?陣営の不安はそこだけだろう。
[PR]
by taku-ma3 | 2006-05-12 17:26 | レース見解

続き

さすがに酒が残るかと思った。何しろ2日で二升・・・
しかし神楽坂の”たまねぎや”のときもそうだったが最上質の酒はなぜか残らない。今の酒蔵の能力なら不純物などどの等級でもあまり変わりが無いんじゃないかと思うが。やはりたまにはいい酒を呑みたい。

お茶が飲みたくなった。ここにはいつも貝泊(メチャメチャ山奥)で汲んだ水があるのだが
あいにくきれているようなので往復二時間かけて水を汲みにいく。馬鹿馬鹿しく感じる人もいるだろうがその価値は充分ある。ついでにじいさんの墓参りだ(不謹慎)。
ここいらはつい最近まで土葬にしていて墓標もただの石だったりする。でじいさんが死んだときに掘り返してきちんとした?墓に一族を埋葬しなおしたらしいのだが子供やらばあさんやらが骨を掘り返して一本ずつ水で清めてくれたらしい。なんともミステリアスな光景ではあるが感謝せずにいられない。

で水を汲んで戻ってきたらやたらと親族が集まっている、これは・・・”お茶割”に変更だな。
アテは旬の初カツオ、にんにくが定番だ。この近辺は戻りより初を好んで食べる。
じいさんの弟が「今度オメーに投網を教えてやるョ、おいちゃんは今でも20キロの網投げんだぞィ」と毎度同じ話をしてくれる。「ずっと元気でいてくれたらな、おっちゃん」といつも通り返す。

ひとしきり呑んでいると、外はこれまでの天気が嘘のように雨が降っている。
そろそろ帰る時間だな。
[PR]
by taku-ma3 | 2006-05-09 17:47 | 競馬とは無関係の思考

続き

山本不動尊を降りて街へ。といってもそのまま港に直行、この辺りは漁港やヨットハーバーが多い。
自家用クルーザーで・・・といきたいところだがレンタルのSRV20で酒の肴を調達にいく。
小物だがアジ、サバ、カレイ辺りが上がった。
アジは皮を剥いで適当に切り山葵醤油(田人には山葵が自生している)、サバは上身にして軽く炭で炙り(焼きサザエ売りの炭をちょと拝借)また適当に切りポン酢、カレイはうす塩をあてて干してみる。
あさりを港の市場で購入し、生姜と出汁で炊きさらにその出汁でご飯を炊く”深川めし”。
道すがらちょいちょいと獲った山菜はてんぷらとおひたし、
山の農家(道場六三郎氏が寄っていったらしい)で買ったじねんじょは薄めに切って塩で(農家のお父さん曰くこれが通らしい)。

出揃ったところで”無濾過ビール”を一気呑み。一気に飲んでは無濾過の意味が無さそうだが最近はこれが1番のお気に入り。とてつもなく旨い・・・
すかさずシャープな切れ味の”神亀大吟醸”に突入、どれもこれも旨い。
実はじねんじょはコクが強すぎてあまり好きではなかったのだがこれは自生ではなく自生種の栽培であるためか程よくコクが弱く、ちょうど良い。
絶品はカレイの干物。刺身こそ魚料理、と思っている方にはぜひ一度上げたての魚の干物を食べてみて頂きたい。深川めしも酒がすすむ。(私はぼた餅でも酒がのめてしまうのだが・・・)

多少余裕のこしにしておいて近所の温泉、”天芯の湯”に行く。ここは蛙目土という泥をまぜた露天風呂があり、もう20回以上は来ている。なにしろ海の近くなので湯の塩分が非常に高く、いい按配に汗がでて気持ちよい。宿泊は出来ないが座敷でこの地の名物”鮟鱇鍋”がいただける。
このシュチュエーションで女性でもいれば文句無しなのだろうが少々足りないくらいが丁度いいよ、とシメのビールを呑みながら思ってみた。
[PR]
by taku-ma3 | 2006-05-09 16:20 | 競馬とは無関係の思考