<   2005年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ダービー回願

ディープ以外で複を狙っていけるところとしてアドマイヤフジを選択しました。もうひとのび足りませんでした。結果がすべてですので言い訳は一切ありません。すべて結果論になりますし、力の足りない馬を選択してしまった、私のミスです。東京最終5 小林を指名しましたが頭狙いということに疑問が浮かんだのでスルーも三着であの配当はやはり仕込み。土田厩舎、小林ラインはミエミエをやってくるので記憶しておいてください。
[PR]
by taku-ma3 | 2005-05-30 11:27 | レース見解

ダービー

いよいよ、というわけではありませんが。ダービーですね。参考のため今まで軸扱いをしたうまを挙げていきます。ニシノドコマデモ 青葉賞 コスモオースティン 毎日杯 水仙賞 マイネルレコルト 弥生賞 ダンツキッチョウ 青葉賞 アドマイヤジャパン 弥生賞 シックスセンス 京成杯 ダンスインザモア スプリングステークス 位だと思います。ディープ一色でしょうがそれには賛成ですね。誌上で書きましたが彼は異次元です。表軸はここでも揺るぎません。150円あったら単でもいいですがまずないでしょうし、残る二議席の複を狙うか3連単でいくか、です。
[PR]
by taku-ma3 | 2005-05-27 13:38 | レース見解

お知らせ

お付き合いさてていただいてる方のブログです。私の記事はともかくとして本当に面白く、実は大ファンです。覗いてみてください。
[PR]
by taku-ma3 | 2005-05-19 13:56

マネーコード

土曜完全燃焼のためか日曜は成績が出ず非常に残念。転がし指示はなしです。土曜の両最終見送り指示ができなかったところも不満、レース選定にもまだまだ甘さが。常にある課題ですが。

競馬王の誌面では触れていないのですがマネーコードの中核はある色々なオッズ帯においてまず確実に仕込みがある(八百長という意味ではありません、人気薄でも勝負できる仕上げという意味合いです。)というところを見抜く馬券法なんです、誌面には130倍のゾーンしか取り上げられていませんが、ほかにもファクターはたくさんあります。ただ理解しやすいということでそこだけとりあげてもらいました。以前書きましたが常に馬を仕上げている厩舎なんて、ないんです。馬主との関係を考えるとそんなことしてはいけない。走るときだけ走ればいい、が当然の思考なんです。故障してしまいますから。私はそこを見抜く馬券法をつかっているのです。ステンカラージンなどはなかなか見抜けないところですよね。ただここで見落とせないのが本来12,3人気が適正オッズだったということ。私のメールで買った?それは無茶な考え方、誰かが流したんでしょうね、例のグループに。誰かはわかりませんがまさに裏情報、わからないように流して、わからないように買いを入れる。そんな仕込みの手口もふくめて個々の仕上げを見抜いていく。それがマネーコードです。 ところで農林水産省の方もここのページを読んでいるらしいです、光栄というかこわいというか。

[PR]
by taku-ma3 | 2005-05-19 13:33 | マネーコード

配信

お待たせいたしました。本日は少し多いです、新潟9R 8ダイスケ 三連8 一頭軸5 6 7 3 10 11 ボックス推奨 新潟12R 8ショウナン 三連8一頭軸5 6 1 2 9 10 ボックス推奨 東京10R 6アイルビーバック ワイド3 6 東京11R 12ステンカラー 相手1番手 1 東京12 11ホッカイ 相手6 13 14 ワイド推奨 京都11 9アスク ワイド8 9推奨以上です。 馬券は軸指定の複勝とワイドか三連です。 本日はこういう感じの配信でした、複回収238% 総回収200%位ですか。9人気と7人気、あれが四位騎手の良さ、今月の競馬王に書きましたが単なる相性ではなくポジショニングと追いだすタイミング、彼が乗っていると4角で確信出来ますね。武士沢騎手も頑張ってくれました、こちらはのけぞりの複850円。私の独断で明日は今日のプラス分を皆さんにコロガシていただこうかなと企んでおります。
[PR]
by taku-ma3 | 2005-05-14 22:49

京王杯

藤沢厩舎の二頭だしについて ここ最近二頭だしを続ける藤沢厩舎。今年もG1馬ダンスインザムードとG1クラス級ウィンラディウスがスタンバイです。昨年はダンスに加え、スパイキュールやロブロイに気をまわしすぎたのか、ウィンラディウスは秋には精彩を欠く内容が続いている。ダンスインザムードは日本人騎手では走らないプライドの高さが今回の放牧でどれだけ内面的に大人になって帰ってきたのかをみてあげたい。これからの海外遠征を加味しての昨年末の香港シャティン遠征と夏のアメリカ遠征は彼女にとって輸送という意味においても、環境への順応性面で大きなプラスでした。ただデザーモ騎手を乗せるのは、あまり彼女には精神的にプラスにはならないと感じます。彼女が走ることを嫌にならないことを祈ります。でなければ、香港で精神的にダメージの残らない騎乗をしたペリエの布石も水の泡になってしまいます。オッズを見る前であっても、ダンスインザムードの連対率はほぼ確実視していいです。みたいのは、ムチを強引に直線使いまくる剛腕なデザーモに彼女がどういう反応をするのか!です。また楽々もったままゴールするシーンも彼女
には可能だとも思います。ウィンラディウスは昨年は中途半端に開花させてしまっているので、投資対象の軸にするには、不安定要素が多すぎます。得意の東京開催でどれだけ勝ち星を貯金するのかも、楽しみに藤沢厩舎を観戦させていただいています。
[PR]
by taku-ma3 | 2005-05-12 14:23

ご連絡

参加について疑問等ございましたらtaku-ma3@ezweb.ne.jpへメールしてください。ホームページ、システム欄の直属についての説明を追加しました、ごらんください。
[PR]
by taku-ma3 | 2005-05-12 00:17 | 勝つためには

先日

ほかの方のブログに書かせていただいたのですが、NHKマイルには相当な額の過剰投票がありましたね。おそらく5億以上の払い戻しをうけていると思われます。彼らはどうも皐月賞での失敗を取り戻しにきたようです。いぜんから動きは知っていますが、それにしても。わたしは彼らと買い目が同じだったり違ったり、今回はたまたま同じでした。
以前に書いたヒシアトラス表軸可能もフェブラリーでの仕上げすぎ、走りすぎで下げ評価というのはここにつながってくるのです、フェブラリーも彼らの動きがありました。まさに”注射仕上げ”という感じでしょうか。(八百長という意味ではありません、究極の仕上げという意味合いでつかっています。)

[PR]
by taku-ma3 | 2005-05-12 00:07 | レースの見方

8~12人気

なかなか理解が難しいかもしれませんが・・・ここにきての8~12人気からの入り口での的中には、利益云々よりかなりの達成感があります。自分自身でも超必勝法~などという呼び方は多少くすぐったい感じがありました。編集の方々は予告的中や、実践取材の中で本当にそう思ってくれたと思うのですが我々の中では正直なところ”まだまだ進化できる!”という意識がありました。不安なく8人気以降の人気薄からの馬券を買っていける状況、そして従来の135からの選出、消えない人気馬。私たちの中での馬券に対するスタンスはついに煮詰まってきたのではないでしょうか。いったん夏には活動を停止予定ですが、それまでにみなさんの期待に沿える活躍をしていきたいと思っています。
[PR]
by taku-ma3 | 2005-05-11 23:45 | 勝つためには

ご連絡

参加について疑問等ございましたらtaku-ma3@ezweb.ne.jpへメールを送ってください。ホームページ、システム欄の直属についての説明を追加しました、ごらんください。
[PR]
by taku-ma3 | 2005-05-11 22:42